Behind Our TV Commercial: Mako’s Story

August 14 2012 sketches1 Click image to zoom

​My sketches became an animation for a TV commercial for Junction Art Festival with a soundtrack by Noah Symons of Great Earthquake, and produced by CBphotofilm. I believe that it captures the lively, happy atmosphere of the Festival. I hope that many people see the lovely TV commercial and will like it.

I have been so excited to work for on the TV commercial because this is the first time I’ve done a project like this and it’s also the first time I’ve done collaborative work. Alison and Laura from Junction Arts Festival, CBphotofilm and I had our first meeting in a beautiful room with gorgeous chandelier at the Junction Arts Festival office in Albert Hall. Everyone seemed excited and had lots of ideas for the commercial.

After the meeting, I was given a long list of images to draw. Specific and iconic buildings of Launceston were required as well as the images of art projects in the Festival. I drew the Clock Tower, gate of City Park, Albert Hall and so on. I know these buildings well as I have been living in Launceston for three and a half years, however, my memory was not clear enough to draw these buildings, so I decided to go out to the city. I walked around the city with my sketchbook, and drew its scenery and buildings. I had a coffee break and did more sketches of the city and people at a cafe. In the end, I drew and painted a lot of images for the commercial. There is a mountain of art pieces in my room.

Since drawing all these sceneries and people of Launceston, I felt that I’m more connected to city.

I believe that the animation create a good feel about Launceston as well as Junction Art Festival.

Please check our TV commercial. You will like it.

わたしのスケッチがアニメーションになり、フェスティバルのテレビコマーシャルとして放映されています。Great EarthquakeのNoah Symonsさんの音楽と、Cheese House Productionsさんのお力により、賑やかでハッピーな楽しいものにしあがりました。たくさんの人の目に触れて、愛されるコマーシャルになってくれたらいいなと思います。

これがわたしにとって初めてのテレビコマーシャルのプロジェクトにして、はじめてのグループでのお仕事。フェスティバル側から AlisonとLaura、Cheese House Productionsさんに私。アルバートホール二階の、豪華なシャンデリアが輝く部屋にて会議。みんなわくわくしてて、たっくさんのアイディアを持っていて会議は大盛りあがり。

会議の後、わたしの手元には、長い「描くものリスト」が。アートプロジェクトだけじゃなく、ロンセストンの町の特徴的な建造物のイラストも描くことになりました。時計塔、シティパークの門、アルバートホールなどなど。3年半もロンセストンに住んでいる私ですもの、リストにつらなる名前が何を指すのかはわかりますが、いざ描こうとするとどうもうまくいかない。わたしの記憶はあやふやで頼りにならないことに気がついたので町に出かけることにきめました。スケッチブック片手に町なかを歩き回って町の景色や建物を次から次へと描きとっていきます。休憩にとカフェに立ち寄り珈琲をのんでひといきを入れたら、またスケッチです。カフェから見える建造物、町を行きかう人など。この町、ロンセストンと、しっかりつながっているんだと、そんな気分になりました。町を、建造物を、人を、いろんな違うスタイルでためし描きもして、とにかく、たくさんたくさん描いて描いて描いて。最後にはスケッチの山ができあがりました。

フェスティバルの雰囲気を持っているのと同時に、わたしたちの町、ロンセストンの空気感が伝わるようなアニメーションをつくりました。木々だって、この町のものを描いています。そんなコマーシャル動画、ぜひ見てみてくださいね。気に入ってもらえるといいな。